地域で育(しと)ねる、
明宝ジビエブランド化プロジェクト

地域内消費のエコサイクルを実現し、全国へ発信!明宝ジビエのブランド化へ。

共同創業型

天然鹿猪の好物ドングリなど山の恵みが豊富で、猪の三大産地としても知られる自然豊かな郡上。その中でも「明宝ジビエ」は全国でも数少ないHACCPを視野に入れた高い衛生基準で安全安心なジビエ肉を提供しています。近年獣害対策やジビエ肉の社会ニーズが高まっていますが、まだ猟師が足りません。若い人たちが狩猟をはじめようにも、弟子入りする先さえなかなかないのが現状。そこで猟に関心のある若者に明宝へ来てもらい、狩猟の伝統文化やテクニックを習得しながら一緒に明宝ジビエのブランド化に取り組んでもらうのがこのプロジェクトです。「しとねる」は郡上の言葉で「育てる」という意味。プロジェクトを通じて明宝ジビエを全国的なブランドに育てていくことはもちろん、地域に人を呼び込み、自然と生きる楽しみを共有する仲間の輪を育み広げていきたいと考えています。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・心身ともに健康で自然を大事にする気持ちのある人
・SNS発信ができる人
・人前でも元気にお話しできる人
・自分の生きる力を育み、根っこを強くしたい人
・地域循環、狩猟、山、川、畑、田んぼ、カヤック、シャワクラ、登山、キャンプ、ナイトサファリ、満天の星空、月、野生動物、子供、教育、山の幸、川魚、自然体験、温泉、経営、田舎暮らし、美味しいもの、の言葉にピンとくる人

プロジェクトパートナー 元満 真道

1975年福岡県生まれ。5年前に初めて郡上を訪れ、自然の美しさに魅了されて明宝地区に移住しました。今は畑で土を触り、川の流れで遊び、山に入り山菜や猪鹿を頂き、満天の星空に癒されながら生活しています。ジビエとの関わりは、未経験でいきなりイノシシを解体してから。動画をみてナイフを握る初体験。この時に知った命のこと、“子供たちに伝えなければ”と、狩猟免許を取り解体も勉強。現在は狩猟・解体から販売までを行い、明宝ジビエの魅力を伝えるべく日々奮闘しています。そして夏には、狩猟体験を中心に自然体験プログラムを提供しています。

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック

もうひとつの帰る場所。
おかえりツアー開発プロジェクト

郡上の自然等の地域資源を活かし、新しい「旅」と「つながり」のカタチを創ります。

共同創業型

郡上の自然と、そこに向き合い暮らす人々に惚れ込み移住して26年。僕の大好きな郡上を知ってもらいたくて一貫してツーリズム事業を行なってきました。そして都会で自分を見失いそうになった若者たちが、ツアーを通じて郡上の山や川で元気になって行く様を、幾度となく見るうちに、真に「我々を必要としている人たちがいる」ことに気づきました。そして彼らは言います「素の自分に戻れる場所を見つけました、ありがとう」と。その「ありがとう」に応えるため、サービスと対価を超えてつながるカタチを一緒につくりたいと思っています。SNSなどを使って「自分のままでいられる」郡上とつながるコミュニティーをつくり、訪れるたびに「おかえり!」と言ってあげられるように。従来の消費されるレジャーや自然体験の枠を超えた、新しい価値を持つツアーと、ともに旅をする仲間のような、つながりのカタチを開発します。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・人を笑顔にするのが好きな人
・雇用者としてより仲間として一緒に進んでくれる人
・Officeのソフトの基本操作ができる人
・SNSやWEBを日常的に利用し、発信が好きな人
・仕事の管理やシステムつくりが楽しい人

プロジェクトパートナー 由留木正之

1967年兵庫県尼崎市生まれ。前職はバイク屋さん。1992年、旅の末に郡上八幡に移住、カフェバー&アウトドアショップの店長を務め、週末はアウトドアツアーやグランピングサービスをこなした。1995年里帰り中に阪神大震災に遭い被災。同年結婚。翌年独立し、アウトドアツアー会社アースシップ設立。1998年自然体験事業「山と川の学校」の設立に携わり年間14,000人の受け入れを行ない、事業を通じて多くの郡上移住者を呼び込んだ。現在は、(一社)明宝ツーリズムネットワーク所属。自給自足をしながら地域振興を目的とした様々なツーリズム事業を行なう。郡上カンパニーアドバイザー。

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック

郡上イチゴをブランド化。
イチゴ観光農園プロジェクト

岐阜の北限で甘く強く育ったイチゴ。その可能性を広げる観光農園をつくりたい。

共同創業型

郡上は、岐阜県におけるイチゴ生産の北限。そんな寒冷地であえて暖房を抑え、化学肥料を使わずに栽培されたイチゴは生命力にあふれ、甘味がぎゅっと濃縮されておいしくなります。少ない生産量ながらも口コミで評判が広がっているほか、試作中のイチゴジェラートも好評で、地域の中で愛される存在になってきました。このイチゴの可能性を、もっと大きく成長させたい。そんな想いから、イチゴの「6次産業化」に取り組んでいきたいと考えました。まずはじめはイチゴ狩りができる観光農園をスタートさせる予定です。郡上市は、観光やアウトドアが盛んな土地です。観光客向けの商品・メニューを開発したり、アウトドアとからめた体験ツアーを考えたり。一緒にゼロから事業アイデアを発想し、目標に向かってチャレンジしてくれるパートナーを募集します。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・新しい環境でも積極的に考え行動を起こせる人
・SNSを日常的に利用し、情報収集・発信できる人
・話しをするのが好きな人
・多趣味な人
・経営に興味がある人

プロジェクトパートナー 籾山雄太

1982年兵庫県神戸市生まれ。小6の時に愛媛県の島の学校へ、中2から北海道の山奥へ2度の山村留学を経験。親元を離れる寂しさよりも、ワクワクした気持ちで毎日を過ごしました。瀬戸内海や北海道の森で遊んだ経験は、自分の力で可能性を広げていく原体験となっています。はじめて郡上を訪れたのは、25歳の時に会社を辞めて同級生を訪ねたとき。数ヶ月の居候をしているうちに郡上に魅力を感じ、移住を決意しました。農業に興味を持ち、2011年から農業大学校に入学。「郡上で誰もやっていないから」という理由でイチゴ農家に。2018年現在、イチゴ農家5年目で経営規模は約30アール。

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック

地域のニーズで空き家活用。
八百屋つき下宿プロジェクト

地域の人が必要としていることと宿泊施設を組み合わせた、空き家活用を仕組み化します。

胸貸し型

プロジェクトの1軒目として準備中の「タテマチノイエ」(郡上市八幡町立町)では、買い物が不便になった地域の方のために、1階を野菜・お惣菜が買えるスペースに、2階はこれから八幡での暮らしを検討している人や、八幡町内に拠点が欲しい2拠点・多拠点居住希望者向けに貸し出します(賃貸+民泊)。このプロジェクトがめざすのは、①地域住人のニーズと外から地域に住みたい人たちができることをマッチングさせて空き家活用につなげること。②地域住人と新しく住まう人との交流・情報交換・地域での暮らし方を学べる場所として運用していきます。③そしてその人たちが本格的に拠点をつくりたいと思ったとき新たな空き家と活用法を提案する、というサイクルを仕組み化します。ゆくゆくは郡上市全域に空き家活用の輪を広げていくことを目標としています。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・相手を思いやり、円滑なコミュニケーションが取れる人
・広く客観的な視野で地域情勢をみて数字化でき、IT系に強い人
・写真や文章でSNSやwebでの情報発信ができる人。
・シェア経験があり地域住人やシェアメイトと円滑な暮らしが営める
・自立した生活を送り、givingの精神を持っている人

プロジェクトパートナー 木村聖子

1976年青森県六ヶ所村生まれ。中学卒業と同時に実家を離れ、東京・イギリス・沖縄など、ハウスシェアをしながら国内外さまざまな場所で暮らす。東京では障害者・高齢者が自立できる住環境づくりに従事するが、超高齢社会の現実を目の当たりにしたことで都会での自分の未来が描けなくなり、東京を離れ郡上に流れ着く。たまたま訪れた東京で震災を経験し、地域で助け合える環境が必要だと痛感。郡上に根を張ることを決意した。2014年郡上八幡「ゲストハウスまちやど」を開業。誰もが暮らしたい場所で暮らせる仕組みづくりにチャレンジ中!

インタビュー記事はこちら

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック

郡上から世界へ。
ものづくり底上げプロジェクト

ものづくりの基盤となる組織を編成し郡上のものづくりを世界標準にします

共同創業型

メーカーとクリエイターがタッグを組んで企画した商品が、世界に出て行き、日本有数のものづくり市となる。観光に依存しなくても、ものづくりをもうひとつの柱にして、市内経済を活性化する。雇用がうまれ、廃業にブレーキをかけ、世界に誇るかっこいいローカルブランドが続々とリリースされる未来を描きます。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・ものづくりが好きな人。
・ディスプレイの心得がある人。
・伝統産業に興味津々な人。
・郡上で根を張って生きる覚悟のある人。
・企画力・発進力・推進力のある人。

プロジェクトパートナー 上村大輔

1981年12月23日生まれ。郡上八幡出身・アートディレクター・真剣勝負の36歳。本業はアートディレクターです。創業 45年のスクリーン印刷屋のせがれで、印刷もします。 名古屋モード学園講師しています。夫婦で、てぬぐい印刷の体験スタジオも運営しています。 自己紹介が長くなってめんどくさいので、なにか簡潔に伝えられるいい言葉を探しています。 1 歳8ヶ月の息子が話すオリジナル言語にそのヒントがありそうで、今のところ無い。 趣味は料理。顔に似合わずカレーが好きです。

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック

最高な場所を求めて!
Campingなカフェプロジェクト

移動式のカフェを出店、郡上のいい場所を広め、人と人との交流の場を作ります。

共同創業型

郡上は自然が豊かで、四季それぞれに魅力的なスポットがたくさんあります。そんな郡上で、「その時期だけのいいものを、一番いい場所で味わうことのできるカフェ」を開くのがこのプロジェクトです。Campingとは、「訪れた場所に泊まる」ということ。トレーラーキッチンで旅をしながら営業するこのカフェでは、訪れた場所で店主が泊まることにより、地元の人と交流し、土地の魅力を知ることができます。そのためこのカフェは自然と、郡上のいい場所をお客さんに紹介するアンテナショップ的な役割も果たします。また、地域のお祭りや、地元企業・宿泊施設などと連携したイベントで、グランピングスタイルのおしゃれな空間を演出し、地域に貢献することも可能です。Campingなカフェをきっかけに、「行きたいお店」→「また訪れたい街」→「住みたい街」と、郡上の魅力に気づく人が増えるといいと思っています。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・アウトドア、キャンプが好きな人
・SNSや情報発信が得意な人
・料理が好きで食べることも好きな人
・人に興味をもち人と話をするのが好きな人
・楽しむ事、遊びが得意な人

プロジェクトパートナー 川端孝哉

1986年岐阜県郡上市生まれ。学生時代はバレーボールに励み、卒業後に移動販売車でクレープ屋さんを始めました。アルバイトの経験しかない状態で始めましたが、独学で勉強し、5年目で年間約20万食を売るお店にまで成長しました。現在では、クレープ屋さんはフランチャイズをスタート。他にもORK PARK(BBQ場、カフェ、釣り堀)や、ORKひるがの(宿泊施設)ORK ADVENTURE(セグウェイやバギーなどの体験施設)など様々な事業に携わっています。趣味のキャンプを発信したInstagram(Instagram@takaya0421) がきっかけで、メディアに取り上げられたり、最近はキャンプ施設のアドバイザーなども務めたりするようになりました。

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック

踊りの町に新たな産業を。
郡上メイドな鼻緒プロジェクト

郡上メイドな鼻緒問屋を立ち上げ、企画から生産まで新たな産業づくりを行います。

企業内新規事業型

郡上の夏と言えば踊り。郡上の踊りには浴衣と下駄が欠かせません。そして“鼻緒”がなければ下駄じゃありません。岐阜県は元々アパレル産業が盛んであり郡上にも内職で家庭内就労をする女性もかつては多くいました。にも関わらず、目の前にこのマーケットがありながら、生産も卸も郡上で行っていないのです!鼻緒づくりは主に手仕事で、裁断・縫い・綿詰め・前ツボ作り他、約7工程あります。子育て期の女性や高齢者等の仕事創りにも役立ち、多様な働き方の一つにも成りえるでしょう。また郡上には、シルクスクリーン・藍染め・さをり織り・鹿革など素晴らしい素材も豊富。メイドイン郡上な素材を積極的に活用しながら、鼻緒だけに留まらず、ヘアアクセサリーや浴衣など頭の先からつま先まで、トータルなコーディネートを企画・生産し新たな郡上ブランド・新たな産業づくりを目指します。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・前向きで、凹むことがあっても一晩寝れば凸る人
・自ら主体的に行動できる人
・モノづくりに興味がありお洒落に敏感またはセンスの良い人
・OfficeまたはPC基本操作ができる人
・発信力がある人

プロジェクトパートナー 吉澤英里子

1975年岐阜市生まれ。スノーボードと郡上が大好きで、郡上に移り住み10年。四十路を過ぎても飽き足らず、今シーズン滑走日数目標は30日!ツンデレ小6息子と、超楽天家の小4娘と楽しく暮らしています。独身時代アパレルでの経験を活かし9年ほど前から子育て期女性の支援としてハンドメイド雑貨の委託販売や、イベント企画などに携わっています。本業はキャリア・コンサルタント。(といっても月8日しか稼働しません。笑)
他、雑貨&カフェの運営、ファシリテーター、司会など、イキイキと自分らしく、働くこと・暮らすこと・遊ぶことを大切に、活動しています。

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック

持続可能な秘境をつくる!
明宝小川プロジェクト

空き家を利用した拠点づくりを起点に、地域全体のプロデュースに取り組みます。

胸貸し型

郡上市の中でも特に過疎化が進む明宝小川地区。15年間で人口は半減し、現在は60世帯120人。小学校の生徒は5名です。このまま消えていってしまうのか…誰もが経済的に「無理」と考えるこの地が生き残るために、「無理」をポジティブに逆転する事業を立ち上げたいのです。山を越えてやっとたどり着く源流の里・小川は、豊かな自然が残り、温かな人たちが暮らす「秘境」。いちど訪れれば惚れ込むほどの魅力にあふれています。このプロジェクトでは、まずは空き家をリノベーションして交流拠点をつくり、集落体験事業などにつなげていきたいと考えています。とは言っても、何をやるかはまったくの自由。「持続可能な秘境」を実現するため、この小川を柔軟なアイデアでトータルプロデュースしてくれる人材を求めます。民宿の女将でもあるプロジェクトパートナーが、地域とともに全面的にバックアップします。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・どんな時代になっても自ら道を切り開き、生きる力を身につけたい人
・里の知恵を受け継ぎたい人
・新しい価値を発見し、ワクワクする事業に転換することが得意な人
・人が好き、自然が好きな人
・コミュニケーション能力と情報発信能力がある人
・空き家や田畑、山など、田舎の資産を利活用する視点やスキルがある人

プロジェクトパートナー 西脇洋恵

1966年10月千葉県生まれ。さそり座のB型で、ついでに丙午生まれです。約20年前に当時勤務していたケニアから嫁として小川にやって来ました。何もない田舎でしたが、ケニアのほうがすごかったので何とも思いませんでした。地域唯一の民宿の女将として暮らすなかで自然と人の魅力に惚れ込み、まちおこし活動にも積極的に関わっています。いまは子供が全員大学生としてひとり暮らしを始めたので、ようやくできたフリーの時間を使ってこの先30年(?)ある残りの人生を楽しく変えたいし、小川地区のためにもっと何かできないかと日々考えています。座右の銘は「人生楽しく!」

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック