郡上発!
水出しコーヒープロジェクト

「水」を軸に、郡上八幡のまちをめぐる「水出しまち歩き」を展開。

共同創業型

「水」を軸に、郡上八幡のまちをめぐる「水出しまち歩き」を展開。 郡上を訪れた人が「水出しコーヒー体験セット」を購入、水汲みMAPを見ながらまち歩きをして、水汲みポイントを訪れ、自分の舌で水の味を確かめ、気に入った水で水出しコーヒーを仕込む。その日の帰り道や宿泊施設で、もしくは自宅に着いてからできあがった水出しコーヒーを楽しむ。郡上の「水」を実際に体験したことで記憶に残り、水について考えるきっかけとなる。 2年目からは周遊型観光促進アプリgrullyと連携し、水出しまち歩きを目指して郡上に来る人を増やす。 また、郡上市大和町内に 「水出しコーヒースタンド」をオープンし、水出しコーヒーを展開。同時に地域コミュニティの拠点、“水先案内所(=観光案内所)”としての機能を持たせ、郡上大和内の地域資源・人・活動を紹介し周遊観光モデルつくる。

三年のロードマップ

求める人材のイメージ

・SNS発信が好きで得意な人
・飲食経験があって接客好きな人
・自分で自分の未来を切り拓いていく意志のある人
・小澤が郡上に不在の時、プロジェクトの顔として動ける人
・officeソフトが使えて、イラレ他でPOPなど作れる人
・要普通免許

プロジェクトパートナー 小澤 陽祐

1976年千葉県松戸市生まれ。有限会社スロー代表取締役。NGOナマケモノ倶楽部共同代表。1999年よりスロームーブメントに関わる。2000年7月スロービジネス第1号として、20代男子3名でスロー社を設立。
20代の起業ならではの紆余曲折を経ながらも、【オーガニック】【フェアトレード】のコーヒー豆のみを【自社焙煎】することに特化し、スローながらも着々と卸先・顧客をふやしている。2009年10月には、スローコーヒー八柱店をオープン。2016年から焙煎機の電力を100%太陽光発電の電気に切替える【ソーラー焙煎】にチャレンジ。
2016年夏、郡上市に自宅を建て移住。現在松戸と郡上で2拠点生活中。 2018年から【郡上発!水出しプロジェクト】を展開している。

インタビュー記事はこちら

詳細は以下のプロジェクトシートをクリック